花粉 肌荒れ 化粧水

花粉症と肌荒れの関係とスキンケア

花粉症でくしゃみや鼻水、目のかゆみなどで顔がぐしゃぐしゃになって、

 

「もう、ホント参っちゃう!何とかして欲しい!」

 

って、花粉症対策や改善になるようなものを手当たり次第試している友人がいます。

 

 

くしゃみや鼻水も大変なんですが、どうやら鼻をかみすぎたりして、鼻周りの赤み、炎症なども気になるようです。

 

 

 

確かに、風邪とか引いたときも、鼻をかみすぎて真っ赤になったり、皮が薄くなって赤くなったりしますよね。
それが、花粉症だと鼻や目のまわりなど、ほぼ顔全体になってしまうから大変です。

 

こういう炎症を起こしたところに花粉などがついてしまうとさらに症状を悪化させてしまうので気をつけないといけないようですね。

 

 

花粉症のときの化粧水選び

 

花粉症による肌荒れ状態の時は、かなりお肌が敏感になっていますし、皮がむけたりして刺激も受けやすいです。
ですから、とにかく添加物などが含まれないお肌への刺激が少ない化粧品、化粧水などを使うことが大切になります。

 

普段使っているものが残っているからもったいない!と思って無理して使うのはもってのほか!
すぐに敏感肌の人でも安心して使えるような化粧水を選ぶようにしましょう!

 

 

皮膚科の先生が仰っていたのですが、保湿をするために無理して刺激のある化粧水を使うくらいであれば、クリームを塗って保湿するほうがいいようです。

 

というのも、肌荒れでバリア機能が低下しているのいで化粧水を入れても、保水力がない化粧水はすぐに蒸発してしまうから、それよりもクリームでしっかり蓋をして保湿するほうがいい!ということのようです。

 

 

そういう意味では、敏感肌専門化粧品ブランドのディセンシアはピッタリですね。
ディセンシア“つつむ”のトライアルセットには、化粧水も敏感な肌に不足しがちな肌の必須うるおい成分「セラミド」をしっかり補うこともできますし、さらにセラミド保湿ができるクリームもありますからね!

 

ディセンシア つつむお試しセット

 

 

 

 

肌荒れの化粧水 おすすめランキングはこちら